自主企画公演情報 (クラウドファンディング)

この度、加藤凛太郎は舞台公演を企画立案いたしました。
当企画公演はクラウドファンディングという形を取り、皆様のお力をお借りし、公演の実現を目指すというものです。
下記、企画公演についての詳細です。
ご一読いただけましたら幸いです。
-詳細-

【加藤凛太郎/ご挨拶】
こちらのページをご覧くださっている皆様、誠にありがとうございます。
また、平素からご声援を頂き、多大なお力添えを頂いております皆様にも改めて御礼申し上げます。
誠にありがとうございます。

私、加藤凛太郎は2005年より役者として活動を始め、その中で多くのお芝居や作品と出会い、形のない大切なものを沢山教わってきました。
今ではそれら全てが財産であり、お芝居を始めた頃には夢にも思わなかったことです。

役者という職業は芸術に携わる表現者でありながらも、自己発信をエンターテインメントとする”アーティスト”ではなく、その性質上、あくまでも脚本や演出、ひいては主催者の思いを具現化しお客様とを繋ぐためのパイプにすぎません。
もちろんお芝居には個々の裁量も内包されるものであって、私自身、役者という仕事に強い誇りを持っていることに変わりはありません。

役者として考えるものは、”どのように演じるか”まででありますが、演劇に携わる者としてひとつ視野を広げ考えてみると”お客様にどのような作品を届けたいのか”ということに辿り着きます。
そして、自ら企画者という場に立ち、演劇を通して大きな意味での”表現”をする事が出来ればと考え、今に至ります。

小劇場を使った公演においては、その大なり小なりはありますが、およそ500万円~1000万円程の予算が必要となります。
その中で、公演前に必要な費用として最も大きな額になるもののひとつが劇場費です。

劇場費は劇場規定によって異なりますが、”数ヶ月前に半額請求”、”初日前に全額請求”などのように、興行が始まる前に支払いを済ませなければならないことが多いのが現状です。

劇場費は初回プロデュース公演や旗揚げ公演などと呼ばれる初回公演に非常に高いハードルとなります。

私共もそれに漏れず資金的な面で高いハードルに直面しておりましたが、興行を実現させることを諦めきれず、何とか劇場費を捻出し、企画を公演として進めることは出来ないだろうかと考えた結果、こうしてクラウドファンディングという形を取り「皆様のお力をお借りして公演を実現する」ことを目指しております。

このような理由により、公演時期や劇場等も全くの未定となっており、おおよその公演時期も明確でないまま、クラウドファンディングという形を取ることは非常に心苦しく、また多難であることも予想しております。

しかし、クラウドファンディングという形を取り、皆様のお力添えを得ることで、かねてから想定していた公演規模をより拡大出来る可能性も含まれていることを鑑みると、大きな可能性を感じていることも確かです。

演劇に触れ、演劇に魅せられ、演劇に携わってきた誇りを持って、素敵な作品を皆様にお届けさせて頂きたいと思います。

皆様のお力添えを頂けませんでしょうか。

何卒、宜しくお願い致します。

加藤凛太郎

【公演概要】

《加藤凛太郎×久保田唱×コメディ!》

タイトル/未定 作・演出/久保田唱 出演/加藤凛太郎 他
公演時期/2018年を予定
劇場/未定

☆2016年に上演された「バックトゥ・ザ・舞台袖」のご好評をきっかけに、加藤凛太郎が「またコメディやりたい!」と自ら企画立案。
作・演出に久保田唱を据え、コメディ作品をプロデュース。

※「バックトゥ・ザ・舞台袖」
2016年9月にENGプロデュースで上演され、その年のこりっちアワード2016(参加作品数8000超)にてベスト30に選出された作品。
作・演出/久保田唱、主演/加藤凛太郎

皆様のご支援により《加藤凛太郎×久保田唱×コメディ!》をコンセプトとした舞台公演をプロデュースさせて頂きます。

【資金の使用用途】
企画運営費、劇場費などの資金として使用させて頂きます。

【リターン】
☆ご招待券
・1枚につき、ご観劇1回ご招待いたします。
※ご招待券をお持ちの場合も事前のご観劇日時指定が必要です。日時指定は先駆け予約期間~ご観劇日の前日まで承ります。
※前売り券完売となった回の指定は出来ませんのでご了承ください。
※ご招待券を使ってご観劇日を指定される際、ご招待券一枚ごとに日時を指定することが可能です。

☆開演前入場券
・劇場客席開場の10分前にご入場でき、本番直前のアップや本番前の円陣に立ち会える入場券です。
※最後列付近までの入場になります。また、役者へのお声掛け等はご遠慮下さい。初日初回のみご入場出来ません。

☆先駆け予約権利
・ご招待日時のご指定は一般チケット発売に先駆けて開始いたします。前方席をご希望のお客様には大変おすすめです。

☆サポーターフラッグ
・支援者様のお名前を印字した公演フラッグを劇場内に飾らせて頂きます。
・後日、サインをお入れし、メッセージカードとともに郵送させて頂きます。

☆パンフレット&DVDへのお名前掲載
・スポンサー様として、公演パンフレット&公演DVDエンドロールにお名前を掲載させて頂きます。
※ハンドルネーム可。公序良俗に反するお名前は掲載出来ません。

☆加藤凛太郎使用小道具&着用衣装
・本番中に使用した小道具&衣装をサイン入り劇中写真とともに後日郵送させて頂きます。

★クラウドファンディング終了以降は開場前入場券の配布・販売、サポーターフラッグ の受付は行いません。

★リターンのお届け時期は公演の時期により変更の可能性があります。

★目標金額は¥500,000となりますが目標金額を大きく上回った場合、想定している公演規模を拡大できる可能性があります。

★最低公演回数は8回公演とします。公演規模の拡大に伴い、劇場座席数もしくは公演回数が増える可能性があります。

【当プロジェクトにご賛同下さる企業様、事業主様へ】
公演がより良い環境なものとなったり、またお客様の満足度の向上や、付加価値をご提供するのためにお力をお貸しくださる企業様、事業主様からのご協賛や後援を広く募集しております。
他業種の皆様と、自由なアイディアを共有し、演劇とのコラボレーションを目指しています。
まずは、ご一報下さいませ。

message@rintaro-kato.com




<クラウドファンディングが終了いたしました>(6/1追記)

クラウドファンディングが終了いたしました!

ご支援くださった皆様、誠にありがとうございました。結果は目標設定額の287%と大きく上回る結果となりました。

今後は、まずオフィシャルサイトを立ち上げ、活動状況を随時報告していきたいと思います。

また、ご支援者の皆様とのご連絡方法やご案内方法、招待券のご予約方法などは、制作チームを含めて会議し、どのようなシステムが最良であるのか判断し、改めてお知らせさせていただきたいと考えております。

これから長期間に及ぶプロジェクトとなりますので、ご支援者の皆様も、何卒長い目でお付き合い頂けましたら幸いです。

加藤凛太郎